母の家














以前の日記に記した、レマン湖の側にル・コルビュジェが建てた家に行ってきました。

スイスの南、ローザンヌ(Lausanne)から列車に乗ってヴェヴェイ(vevey)という駅で降りで、

徒歩15分ほど(バスも出ています)。

私が訪れた時にはすでに、二人ほど見学に来ていました。

ここは、月曜と水曜に夏のみ、公開しているそうです。

以下、入口のアナウンス。訪れる方、気をつけてくださいね。

行ったのに、開いてなかった・・・という人が結構いるそうです。

















しかしながらこの二人、よくよく見ると、この家の図面をアウトプットした紙を広げ、まるで仕事の現調でもするかのように、

テキパキと寸法を測っているではありませんか・・・。

家のすみずみまで細かく測っては、図面に書き込むという作業を淡々と繰り返しており、

スケールすら持ってきていなかった私は、少々反省してしまいました。実際に測らなければ、設計者の意図は解らないのです。

多分、仕事の一環で模型を作るか、3Dを立ち上げるのでしょう。











現調するふたり















































この家は、敷地が決まる前に設計は終了していました。

しかしながら、このレマン湖という場所が設計者の頭の片隅に、かけらもなかったとは考えられません。

横に長く広がる窓の比率と、その向こうに広がる湖とアルプスの景色とを、

同時に思い描いて計算したとしか思えないほどに、完璧に調和していたのです。













Category
Archive