違和感。

パリにいると、「パリと比べて、日本はこう」とか、「日本と比べて、パリはこう」というような話題によく直面します。

例えば、「日本人は空気を読んで行動する事が多いけれど、パリの人ってそういうことあまりないよね」というケース。パリの人々は、相手の顔色を窺って考えて行動するということをあまりしません(日常生活の何気ない場面です。ビジネス等多くの場面は知りません)。しかしながら、サービス精神旺盛な人は沢山います。それは本人が望んで本能的に行動しているように感じます。そういう面で日本を見つめると、「日本は、少し窮屈ですね。」というような方向に、大体の話題が向いてゆくのです。


ただ、何かしらの「違い」を発見したり、そこから色々なことを学ぶのはとても面白いなぁと感じているのですが、そこから比較して、どちらかを批判的に、優劣をつけてゆく・・・というような雰囲気へ話題が向いてゆくとき、なんとなく違和感を覚えてしまうのです。


違うのはあたりまえで、たった数か所の違いを発見して、優れているか、劣っているかもしくは、「パリはこうで、日本はこう」というようなことはそんなに簡単に分かるようなことでも、言えるようなことでもないように思うのです、少なくとも私のように年月も少なく、経験も少ないならば・・・。数年でも、きっと少ないのでしょう。しかしながら、話題の方向性としてはついついそんなふうになってゆくこと、結構あるのです。何十年も過ごして居ても、そんな風に言わない人も沢山いらっしゃるようですが。


帰国土壇場で記していますが、だいぶ前からの、違和感でした。

Category
Archive