昨日の虹



肌に突き刺さるような強い日差しの時が続いたかと思えば、 突然強い風と、大粒の雨がそこらじゅう、 屋根や葉や地面にたたきつけて、とても大きな音が響いていたのです。

何処を旅した時だったかしら、 何処か異国の空の下で、おんなじような体験をした記憶が過る。

嵐の去った後の不思議に明るい空の色と、

雨上がりのにおいは、

はっきりと焦点の合わない、

déjà vuのような記憶の旅へと誘うのです。

イメージを想い出そうとしても、くっきりと現れること無く、

心理状態や感情、感覚だけが甦ってくることが、実は心地よく感じたり。


鉛筆で描きながら、

無限に広がる白と黒の間を彷徨う時の感覚に重ねると、

どことなく、似ていて、不思議。

Category
Archive