駅のちいさな妖精

真夏のにっぽん、異常な暑さですが、如何お過ごしでしょうか。

昨夜、駅構内を歩いておりましたら、あら、何かしらん・・・?

柱部分に目に留まる気になる何か・・・


























もしかして・・・




蝉です!蝉の幼虫が、羽化するところでした。

斜め上には、羽化したての、羽の色が変わるのを待っている、

透明の羽をつけた蝉がぶら下がっていました。

ここは駅のホーム。

電車を降りた人々は皆、どんどん改札をめがけて歩いてゆきます。

私はただひとり、じー・・・っとこの場から動けず、

観察を続けておりました。

蝉の羽化には、4〜50分かかる、と聞いたことがあり、 あまりの暑さに、名残惜しくも帰宅致しました。 それにしても、駅構内という、随分と明るいところで殻を破っておりますの。

通常は暗いところでしか羽化をしないはず、 迷いこんでしまったのでしょう。

本当にたま・・に、ぴくりと動くくらいで、 ひたすらゆっくり、黒々とまんまるい目も動かずに、 殻を脱いでいるようす、じっと見ていると、 時は、まるで止まっているように、流れていたのでした。

うふふ、まだ幼虫から成虫になりきれていない、 ちいさな妖精のような姿、とても美しかったです。

今宵、蝉時雨の、仲間入りをしたかしら。

Category
Archive