風の吹く日。

周りの空間を想像してしまう画像。

どんな日で、どんなところだったのかしら。
















例えば写真なら、

四角の紙に映り込んでいる世界の、映り込んでいない外の世界の広がりを想像したいのです。

映画ならば、監督が意図して、あえて描かなかったかもしれない部分。


あとは想像してくださいね、という甘い表現では無くて、

見えない部分も含めて、そうであることが必然の、完璧な表現がいいわ。

だから、つまり見える部分が最重要だから、表現するってむつかしい。

完璧主義を誇張しない、という完璧な表現に、心を奪われてしまうことがありますね。




心を奪われることって、どうなのでしょう。

感覚で捉えることなので、ただの偶然、たまたま、なのかもしれませんね。

取り立てて説明するほどのことでもなくて、

明日にはもう、柔らかい風が吹いて、心は移り変わっているかも。

うん、多分、きっとそう。

Category
Archive