点をみつめること。

気付けば師走、Facebookを訪れておりますと、

世界各地から「寒いです!」というせりふや写真で溢れております、皆様御元気でしょうか。

今日はなんと気温が5℃なの!と、ロシア人の友人にメッセージを送ったら、

こちら(モスクワ)はマイナス5℃よ、と返されました、様々な世界がある現実は、面白いですね。

彼女との共通語はカタコトイタリア語(普通なら英語なのかしらん、でも私達はそうでは無い)、

ミラノでの語学学校の友人です。

外国人同士のカタコト○○語会話って、文法や発音が間違っていても不思議なほどに通じるもの、

同じ境遇に立たされている仲間意識は大きいですね(語学に限らず!?)。


数年前、パリからいくつかの国へ旅をしたのですが、

オランダのロッテルダムへ一人で行ったときのこと、

当時は常に安宿をよく利用していたのですが、このときは女性だけの部屋ではあったものの、

大部屋で人数はなんと25名ほど!の相部屋だったのです。

(ちなみに男女共同の100人ほど入る部屋もすぐ下にあったのでした)

安いからという理由ではなくて、旅をしているヒトとの出逢いが好きで、

私は相部屋がとても好きなのです(一人旅で一人部屋をとることは、めったにしない)。

こういう時にいつも感じることは、英語をもっと話せるようになるべきであるということ。

例えば別れ際に、「素晴らしい時間をありがとう」、と伝えるのに、直接的に言うのもいいけれど、

すこうしユーモアのある、素敵なお話を贈ることが出来れば、もっと伝わると感じることがあるのです。


ところがこのロッテルダムでの相部屋にて、カタコトフランス語を話す台湾人女性がいたのですね。

当時の私もほぼ同レベルのカタコトフランス語を話したので(今は完全にイタリア語が根をおろしています)、

間違いだらけのフランス語での会話が始まったのでした。

同じ境遇に立っているヒト同士は、理解するのにあまり時間がかからないものですね。

スケジュールに十分な余裕を持っていた私とその人は、丸々一日、ロッテルダム中を一緒に歩いたのですが、

あれだけカタコトでよく会話が成り立っていたわと、今でも不思議なほどに打ち解けて過ごしたのです。

(カタコト同士だから、なんだけれど)



でも考えてみれば、何故フランス語を学んでいるのか、何故オランダを旅しているのか、母国はどのようなところなのか・・・

と、これまでの道のりがあって、通過点ひとつひとつに想いがあるのだから、話題は尽きないのも当然ですね。



新しい出逢いの時に限ったことではなくて、

日常の小さな会話のなかで、ひとつの点についてお話しすることは、とても有意義ですよね。

彼女とのロッテルダムの時間は、過去のひとつの点だけれど、

記憶を紐解いてゆくことで今に繋がっているということは、つまり未来へ繋がっているということ。



・・・うふふ、一寸先は闇とは本当かしらん?



ところで、はす向かいの家に住んでいたご夫婦(私の親の世代よりすこうし上)が軽井沢へ引越し、

後に入る家族は家を丸ごと建て替える為に、現在の家は取り壊しが始まっています。

私は3歳の時から今の家に住んでいるので、

長い間見慣れていた家が、日に日に壊されてゆくのを目の当たりにし、

彼らにとっての長い時を過ごした空間が、

瓦礫となってゆくのはどんな気持ちなのかしらと、ふと立ち止まります。



もうほぼ取り壊されてしまったので、いつも以上に、空が大きく見えるようになりました。

青い空に、住んでいたご夫婦の笑顔が浮かび上がるのです。

記憶は、紐解くように辿ることもあれば、突如として具体的なイメージで現れるものですね。



えがくひと、つくるひと、うみだすひと・・・今という、ひとつの点の、心の表現をしているひとたちを、いつでも、私は深く尊敬しているのです。

Category
Archive