日本に、到着しました。

日本に戻りました。暑いのかしらと思っていたけれど、とても涼しいですね。パリの寒さに比べたらまだまだ、暖かく感じますが。

日本にいらっしゃる皆さま、お時間が合えばお会いしましょう。とても楽しみなのです。













飛行機で過ごすひとときは、めくるめく、日々が過ぎてゆく速さと、心の移ろいを強く感じる瞬間なのでしょう。明るい昼間から、あっという間に夜に向かって飛び、窓の外の風景が移ろってゆくのは、とても面白いのです。時差という、時計の時刻が少しずつずれてゆくことと、しかしながら時はただただ単純に過ぎて行っているだけ、常に、私たちは長い時の歴史の先端の果てを生きているという事はなにも変わらないのに、という感覚との不一致を、いつも感じてしまうのです。そういう時のこころは、過去と未来を美しく映し出す事があります。パリは、私がパリにいた瞬間よりもなんだか綺麗、日本は、今現実にいるこの瞬間よりも、輝いている、という感覚かしら。現実の風景ではなく、そういうこころのなかの映像を、実際の映像や音というメディアで映し出す事が出来たら・・・どのようなロードムービーになるのでしょう。未来にはそのような技術も生まれるのかしら。

それにしても、パリを離れるという事にあまり寂しさを感じなかった私。ギリギリまでオランダやフィンランドに旅行に行ったりしていたので、パリを発つ事自体もその旅行の流れの一環のような・・・笑。最終日さえも、moとカフェで会ったり、大切な友人が夜のセーヌ川のクルーズに誘ってくれたので、ひたすらお喋りでとっても楽しかったのです。

発つ1ヶ月前あたりは、寂しいなと感じることもありました。しかしながら、寂しく感じるという事は、出会えたことへの喜びを感じているこころの動きのひとつだと感じています。いつの間にかその感情は、出会えた喜びの方へ大きく変わってゆくと信じているのです。そうやって、前へ進んでゆく事になるのでしょう。パリでの全ての出会いに感謝して。皆さま、また、そのうち会いましょう。お元気でね!毎日のブログやつぶやき、楽しみにしていますね。

Category
Archive