今日のそら Il cielo di oggi

今日のそら

Il cielo di oggi




早いもので、もう9月も後半、あっという間に夏が過ぎ去ろうとしています。

空はすっかり秋模様、木々も少しずつ、赤や黄色の葉をつけ始めています。

それでも今日の昼間は、夏の暑さがほんのすこうし残っていて、

数匹の蝉の声が響いていました。

にっぽんは本当に、四季の移ろいが、五感をとおして心へ、じんわりと染み込んでゆきますね。

元気なアブラゼミやクマゼミの蝉時雨の森が、いつの間にかツクツクボウシだけの森になっていたりして。

重なるように、秋の虫の声がやってくる・

自然の変化を感じる時は、ふと立ち止まるタイミング、と私は想っています。

些細で、大切なサインに気付くために、じっと耳を澄ませることと、似ていますね。

自分の立っている足元、与えられている場所を見つめる、という感覚。

固定概念やこれまでの経験の範囲内で見つめてしまいがち、なのです。

少し離れた異国では、時の流れの感覚さえも異なる、

想像することの出来ないほどに、価値観は豊かに柔軟に変えてゆけるもの。

こうであるべき、こうあってはいけない、という気持ちに気付いたら、

それ自体が、サインなのかしらん

解っていない、というところへ、ふんわり進んでゆけたら、

与えられていることへ、心の深いところから、感謝の気持ちが沸いてくるでしょう。 流れに寄り添うように。 カレンダーでは8から9、そして10と、数字は変化するけれど、 これからやってくる秋も、おんなじ旅の、つづきです。

Category
Archive