こんばんは、雨の降る夜。

窓の外からは美しい水の音がさぁさぁと響いております。本日はミラノでご活躍されているU先生のメッセージを聞きに新井薬師前駅にある教会へ。久々のお元気そうなU氏との再会に感謝です。


こちらの駅、初めて降り立ちました。古い小さな店や商店街と住宅街がひしめく下町風情、懐かしい香りが漂っておりました。こういうところって、こじんまりとした美味しいお店が生き生きとしているのですよね。本日は時間がなくて行けなかったけれど、新井山梅照院薬王寺という駅の名の由来になっている場所があるのですね。東京を歩くときに、寺院や神社、お稲荷様等を意識して歩くことはとても面白いという事をむか~し学生時、恩師に教えてもらったものです。以前モンマルトルの丘を歩きながら、渋谷の円山町、松濤付近を想ったこともありました。渋谷の丘にはひっそりと、お稲荷様がいるのですね、高級住宅地とラブホテル街の狭間の隅に。これは卒業制作の為と歩きまわった地域で、神話の世界が紛れ込んでいる風景にドキリとしたものです。アースダイバーという中沢新一氏の本を勧められたのもその頃だったわぁ・・・その本の内容は、日本の神々のことと東京の土地の歴史との繋がりなどが書かれていたわぁと、ぼんやり思い出しつつ教会へ向かっておりました・・・


・・・日本人って、面白いわね。

深い海の底で様々なことが複雑に繋がっていることを、無意識に知っているのかしら。

Category
Archive