top of page

くもりぞら。

暫く寒さの厳しい日々が続いている横浜、先日の大雪が未だ溶けきらない風景がちらほらと広がっております。

成人の日が初雪となったこの冬、交通機関にも大きく影響していて、晴れ着姿の人達は深~く積もった雪の道を歩くのが大変そう・・・

と思うも、愉しそうに、元気にはしゃいで歩く新成人と幾度もすれ違いました。

雪国で生活をしたことがないので、たまに降る雪の日は、強く記憶に刻まれる日となってゆきます。


普段何気なく見ている景色が白く染まると、異なる風景として心に映り、ありふれた生活の些細なシーンに、

わずかな(はたまた大きな?)変化が起きていると思うのです。

窓の外が白い世界であるということが、聞きたい音楽さえ左右するかもしれません。

いつもの食卓に、可愛らしいお花が一輪添えてある風景が、視界の端に入り込むだけで、ふわりと異なる空気の流れが起きるよう。


風景と心の関係、繋がりをじっくり観察・考察することは、あらゆる分野の美術、デザインの世界へリンクしてゆくので、

納得のゆくまで、立ち止まる必要があるのです・・・たとえとっても雪が冷たくても・・・笑。


祝日の大学(勤務先の美術館があります)はあまり人がおらず、特に広々としている緑の広場が、白に包まれていました。

晴れた青空の雪の景色も綺麗ですが、私は空も真っ白、くもりぞらの、銀世界が好きです。



雪の日は、雪の日の記憶へ導かれますね。



・・・相変わらず、くもりぞらの白い世界に、惹かれていたようです。



Comentarios


Category
Archive
bottom of page