おへんじ。

ほんのひととき、空の青を見上げる時に、

表に映る世界、穏やかに移り変わってゆく風景のあらゆる場所で、

どれほどの素晴らしいことや、悲しみが起きているのかしら、と

ふと思い描いてみる事があります。


ひとりの人間の心を見つめる時も、おんなじ。

どのような事が引き金となって、

少しずつ、または大きく変化しているのか、

表には見えないのですね。


以前会った時とは、今、目の前にいる相手は、

全く異なる心の状態かもしれません。


今、そこにあるものだけが、真実。


いつでも、今を生きる、という事を忘れずに、

新しい気持ちで相手を見つめることは、

新しい朝の美しさを感じることと、どこか似ているように思います。



見たことも無い景色、何度も歩いた事はあるのに。

そういう風に感じる事があります。


頂いたお便りを、大切に温めながら、

次のお便りを待っています。



素直に心を開いて、書くことが出来たら素敵ですね。


感謝するだけです。

Category
Archive