2013 謹賀新年

明けましておめでとうございます、2013年が始まりましたね。 元旦は快晴で始まり、自宅から歩いてゆける神社へ、母と初詣へゆきました。 カウントダウンもまともにしないまま、気付けば年が明けていた ・・・という大晦日の夜を過ごし(お月様・グラッパとともに・・・笑)、 はたと慌ててPCへ向かい、あたたかな謹賀新年のメッセージを、 とおい外国のヒトから受け取ったりして、

そして「そちらではこれからよい年越しを」なんてお返事をしたりして、 2012年は(つい昨年)にっぽんよりも8時間も遅れて出発したのに・・・? というように相変わらずタイムラグに慣れること無く、 確かな実感のないまま朝を迎えていたのでした。 月の満ち欠けにこれだけ毎晩のように惹かれているのに、カレンダー上のことばには、 どうもうっかりしてしまいがち・・・ さすがに大晦日にそれはありませんが(笑)、 たとえば「今年の抱負は」という類いの気持ちの切り替えを、上手にしたことが無いのですね。 そういう中で、初詣の途中に、富士山の緩やかな美しいシルエットを味わいながら、 同じ風景を写真におさめたヒトはどれだけいるのかしらん・・・とぼんやり想像しつつ、 にっぽんのお正月を迎えたことを、深く実感したのでした。 ありふれた変わらない生活の中で、穏やかに聳え立つ大きな山にふと足を止めて、 カメラのシャッターを切ること、めったに無いものです。 いつでもそこにあるということ、再認識するよいきっかけになりました。 自分自身の意思で方向転換する時も、気付けば大きく風向きが変わっていることも、 旅をしていれば自然と起きるものですね。 どうしたらよいのかしら?という瞬間も訪れます。 目に見えることの無い、小さな大切な声に、今年も気付いてゆけたらと思います。 知るというところから、解るというところまで。 目に映るものを見つめながら、そのまわりの空気を描くように・・・ 手は理解して、鉛筆や筆に伝えるのです。 引き続き、本年も何卒宜しくお願いいたします。 2013年はどのような年になるのかしら、皆様にとって素敵な一年となりますように。




Category
Archive