登山列車で、国境を越える

目が覚めて、気がつくと目の前には壮大なアルプスの織りなす、暮れなずむ美しい景色が広がっていました。あぁ、もうスイスなの、と無事に国境を越えることが出来たことに安堵し、列車の中でしばらく移り変わる景色に身をまかせていました。ほんの少し前までのイタリアの旅を思い出しながら、これからのスイスへの旅を想う。 友人Wちゃんとは、ミラノ中央駅でお別れ。彼女はパリへの飛行機が飛ばず、新たにスケジュールを組み直しました。本当に楽しかったイタリアの旅、あなたがいたから本当に、キラキラした思い出になったのです、ありがとう。私はというと、スイス入りへの切符をもともと予約していなかったので(当日でも大丈夫でしょうという、呑気な考えゆえに・・・笑。)特急は全て満席の為、別のルートを探しました。滞在先はスイスのロカルノ(Locarno)という街。予定ではミラノ→ルガーノ(Lugano)→ロカルノというルートだったのですが、予定を変更してミラノ→ドモドッソラ(Domodossola)→ロカルノ、という全てローカル線の、この方法が一番ベストだということをホテルの人に教えてもらいました。おかげで、登山列車で国境を越えるという、とても贅沢な時間を頂くことが出来ました。 ドモドッソラからロカルノへ走るチェントヴァリ鉄道(Centovalli Railway)は山岳鉄道で、アイスランドの噴火の影響を受けることなくとても空いていました。特急で国境を越えるのがきっとベストなのでしょう、しかしこちらのルートもとてもお勧めです。














*ミラノ→ドモドッソラへのローカル線で隣の席にいた、伊仏カップル+ベビー。このママの子守唄がとっても素敵でした。つたないフランス語で、ほんの少しだけおしゃべり。彼らも、チェンドヴァリ鉄道に乗る為、ドモドッソラへ向かっていたのでした。



























ゆっくり、ゆっくり山を登って行き、田舎の教会や牧場を眺めながら、そこに住んでいる人々の生活をほんの少し感じて、うねるように山から山へ進んでゆきます・・・そのゆっくりぶりに、私はいつの間にか眠ってしまっていたのでした。













Category
Archive