夏の終わり。

ワンパターンだけれどお気に入りの散歩コース。 (パリの地理に詳しくないと、少し分かりづらい記事になってしまいました。) 自宅から10分ほど、大通りのひとすじ裏の細い道を少し足早に、Bastille広場まで歩きます。そこからSt-Paulまでは大通りまたは小さな細い道を気分で選びながら、風景を楽しみます。そのままPt-Marieまで、セーヌ川を目指します。お隣の小さな島、サンルイ島で散歩は終了。帰りも歩かなくてはならないのでこのあたりが、ちょうどよいのです。 St-Paul前のカフェ

何かとリヴォリ通り沿いから多くの場所へ行けてしまうため、ルーヴル美術館くらいまでなら、頑張って歩いてしまう事もあるのです。ポンピドゥーにしても、ノートルダム大聖堂にしても。そうなると、ほぼこの散歩コースを絶対に通ることとなるのです、もう、何度歩いたことでしょう・・・。反対に、パリの西側はほとんどメトロを使って移動してしまうために、あまり歩く機会がなかったように思います。夜のエッフェル塔など、数回しか見た記憶がありません。 今夜の、Pt-Marieからのセーヌ川。9時頃になると日がだいぶ暮れて、どんどん日が短くなってゆくのを体験すると、秋、そして冬までも思わせます。少し前までは、この時間帯とても明るかったのです。
















少し寂しく感じるのは、夏の終わりと、迫っている帰国のせいね。



Category
Archive